ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ヒプノセラピー(前世療法)体験記〜ぼくの過去生にいた意外なようで意外でもない人物との出会い

前々から興味があった、ヒプノセラピー(前世療法)を体験してきました。これがなんとも!新鮮で、あたたかくて、懐かしくって、心地よい体験。その感動を、ちょっとしたためてみます。

 

f:id:poesy:20180710002425j:plain

 

その前に、ちょっと「前世」について。

潜在意識と顕在意識、その境目にはフタがしてあって。子どもの時には開いているけど、だいたい6歳くらいで閉じてしまうんですって。前世の記憶は、そのフタの先、潜在意識の中にしまわれているのだそう。

 

さらに、僕たちが知覚できる顕在意識はわずか3%しかなくて、あとの97%は意識することのできない潜在意識下にあって。潜在意識から顕在意識に、常に情報が流れ込んでいるので、前世の記憶は、強くその人自身の性質や行動に影響を与えるんですって。

 

さあ、前世へと!

多治見にある、ヒーリングルームの一室、ゆったりとしたイスに身を任せて、目をつむったぼく。果たして、セラピストさんの丁寧な誘導により、ぼくは想像の世界で階段を下っていきました。顕在意識から、潜在意識へと降りていくように。
 
階段が途切れた先の、扉の向こう、あふれた光が収まると、草原に立っている「わたし」がいました。
 

f:id:poesy:20180710002537j:plain

↑こんな感じの、山あいで、近くに小川が流れているところに立っていた

 
華奢な手、袖のないフワッとした白いドレスに身を包んで、右腕にはブレスレット。頭には質の良さそうな麦わら帽子。足元は、ぺったんこの革のサンダルに、ビーズがあしらってあるものを。

 

f:id:poesy:20180710002913j:plain

↑こんな感じの、足元まであるドレス着て

 

f:id:poesy:20180710002942j:plain

↑腕には(右手のみ)ブレスレットの重ね付け

 

f:id:poesy:20180710003004j:plain

↑足元は、こんなサンダルで

 

え、お姫さま!?

さらに、さらに、セラピストさんの誘導によって、その人物の正体が明らかになっていきます。

 

 

名前はサラ。
歳は18、貴族の娘、兄弟は上に4人、末っ子のお姫さま。
自由と自然を愛する。
お城での生活は、嫌ではないけれど、ちょっと窮屈。
だから、母の目を盗んでは、お気に入りの場所にいく。
森の中、大きな木が1本あって、周りには草花たちが。
小川が流れていて、そこで裸足になって、川の流れ、水の冷たさを感じる。
気ままに、自由に、生きていたい。
お姫さまだけど、ピアノとバイオリンの練習をさぼってお出かけ。
ちょっとの批判はあったとしても、ちゃんと話せばわかってくれる。
30分も話せば、大抵の人はわかってくれる、そんな自信がある。
気が向いたら、畑を手伝うの。
土を触るのは好き、植物も、虫も。
それと、本が好き。
空想の世界、ファンタジーを旅するの。
空の向こう、星のこと、魔法の使い方。
一人でいるのが好き、人が嫌いなんじゃなくて、みんなが周りにいてくれるから、安心して一人でいられる。

 

イメージとしては、ルパン三世のクラリス!

f:id:poesy:20180710003050j:plain

とか、不思議の国の、

f:id:poesy:20180710003133j:plain

アリス!とか。

 

あと、ここが面白いの。

 

内面的な自分は、

f:id:poesy:20180710003205j:plain

風立ちぬの菜穂子さん!

 

父のようになりたい

家族は7人、父母と、兄弟。
母はきびしいからちょっと苦手で。
父が好き。尊敬している。
茶色い目をしている、優しい目。
深く物事を見透すことのできる、透き通った目。
大事なことを見ていて、力があり、
ときに鏡のように光る。
 

f:id:poesy:20180710004449j:plain

↑父はこんなイメージ

 

サラから、ミズノケイスケへのメッセージ

・自由でいい
・わがままでいい
・傷つきやすいとこあるよね
・でも信頼できる人がいる
・お父さんみたいになってね
 
ですって!
 
なんだろう、すごく勇気が湧いてくるメッセージ。

 

やっぱり、二面性を抱えている

父のようになりたい、落ち着いてて、誰かのためになれる。
でも、やっぱり自分はおてんばで。
自分が楽しむのが一番になっちゃう。
父は憧れ、なりたくても、父みたいにはなれないってわかってる。
 
それでも大丈夫ってわかってる。
自分が自分でいて、楽しんでいる、自然と触れ合っていることが一番だって、わかってる。
 

あるね、これ、前世

だって、こんなにもはっきり感じられる。
ちゃんとつながっているんだ。
あのとき好きだった、忘れられない光景が、今でも心惹かれるんだろう。
宮崎駿という人が描くあの映像は、あのとき好きだった風景だったんだな。
 
 
 
まるで素敵な映画を1本観たような時間でした。
およそ40分くらいだったようですが、とても豊かな体験です。
 
前世に出てくる人物は、一人ではないそうですが、今の自分に一番メッセージをくれる人が、お姫さまだったなんて。意外なようで、改めて考えてみると、妙に納得。意外じゃない。
 
 

カルマは輪廻する

 
過去生が、今の自分に影響を与えている。人は輪廻転生の中で、業を抱え、カルマの解消をするために、今生があるとしたら・・
 
じゃあ、ぼくがなんでこんな「地球を救う」だなんて使命感を持つのだろうか?
今回の、この回では明らかにされませんでした。
サラはこのあと、何を見たのか?
サラの父親が収める国に、何か異変があったに違いない・・
 
 
というところで、To Be Continued!前世への旅は、次回へと続くようです。

 

 

 

今回お世話になったのは、ドイツ在住セラピスト、Megimiさん♡

https://ameblo.jp/elgatherapy/