読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

心の動く方向性を探っていくと、自分が本当にやりたいことは「ミスマッチの解消」だったという話

今日のブログは、非常に個人的な内容になりますが、お付き合いいただけると幸いでございますm(._.)m

 

まずはこちらの写真から。折り紙を組み合わせてつくる多面体。つくったことある方も多いのではないでしょうか?

 

f:id:poesy:20160222230947j:plain

写真引用元:30枚組正十二面体の色分け問題(その1): 折り紙の叫ぶ夜

 

僕には、幼少期の印象的な思い出として、保育園の一室でこの多面体をつくっていた記憶があります。 

 

何を思い、何を感じていたのかは、今となっては思い出せませんが、数々の折り紙を組み合わせて、きっちりと整ったかたちをつくっていく作業に熱中していました。

 

今の自分の性格、得意なことや夢中になれることを考えたとき、この折り紙での多面体づくりが、原体験としてあるのではないかと思っています。

 

体験1:折り紙のパーツを、あるべきところに収めていき、一つの整ったかたちを組み立てていく。

 

 

一方、もうひとつの思い出として、父と母に関するものがあります。

 

いつ、という訳ではありませんが、小学校低学年くらいだったでしょうか、水野少年は父と母の関係を肌で感じていました。

 

ケンカが絶えないというほどでもありませんが、仲が良かったとは言えません。(老年になってから人に話すと、そうだとはまったく見えないようですが)

 

水野少年が感じていたことは、「なんで、仲の良くない父と母は、一緒にいるのだろう?」でした。

 

体験2:父と母の関係のミスマッチに対して、なぜだろう?と疑問を抱いていた。

 

 

この2つの体験の対比が、僕の心が向かう方向性をかたちづくったと、僕は考えています。

 

つまり、折り紙で多面体をつくった「あるべき場所に、あるべきものをあてはめる」という心の方向性と、父と母の関係性による「ミスマッチに対して疑問を持つ」心の方向性の対比です。

 

これを一つにまとめると、「ミスマッチを解消し、あるべきところに収める」と。これが、僕の心の方向性であると言えます。

 

すると、以前もブログに書いたように、今までのすべてのことが1本の線でつながります。 

 

自分の居場所はどこだろう?とずっと考えていることも
本当にやりたいことは何?とずっと考えていることも
「天職」という言葉にすぐ反応するのも
自分のあるべき場所がわかる才能心理学に惚れ込んだのも
個々の能力を知り活かすストレングスファインダーに傾倒したのも
にしけいから「占いに対して恋愛に似た感情を持っている」と聞いて羨ましく思ったのも
マルダイの社長さんが大好きな「萌え」と「兵器」を仕事にしていて「いいなー」と思うのも
「ほぼ日」が好きなのはまったく無理をしている様子がないからで
自分を変える!変えたい!と思うのはあるべき場所にたどり着きたいからで
「本当のことを話す」を大事にしているのはあるべきところを確認するからで
部下の能力を見ずに無茶な采配をする上司をダメだと感じるのも
「みんな違ってみんないい」に共感できるのも 

 

poesy.hatenablog.com

 

 

 (´-`).。oO(ミスマッチ・・・

 

確かに、僕はミスマッチが嫌いです。

 

ミスマッチ【mismatch】
釣り合わないこと。また、釣り合わないものどうしを意図的に組み合わせること。「内容とデザインとの―」「―感覚」 引用元

 

辞書を引いてみて、さらに納得。

 

釣り合わないこと、許せません。

 

 

「ミスマッチ」という言葉を中心に据えて、自分の事業を考えると、すべてがピタリと当てはまります。

 

「漠然と、自分の居場所はここじゃないと感じる」
→アイデンティティのミスマッチ

「自分の能力と、職業や役割が合っていないと感じる」
→才能とキャリアのミスマッチ

「合わない人にストレスを感じ、人間関係がうまくいかない」
→人間関係のミスマッチ

 

「企業の価値が、正しく顧客に伝わっていない」
→ブランディングのミスマッチ

「ウェブ上の情報と、実際のサービスがズレている」
→ウェブサイトと現実のミスマッチ

「理念や強み、提供価値が言葉になっていない」
→言語化されていないミスマッチ

 

これらのミスマッチ、すべて解消したい!

 

自分の能力を使って、これらのミスマッチが解消できたら、めちゃくちゃハッピーだ!

 

 

今度こそ、やはり、掘り当てたと思います。

 

僕が、どんな山に登りたいのか。一生をかけてやりたいこと。

 

ミスマッチを解消する。

 

うん!

 

***

 

ポエジーでは、セッションを通じて、心の動く方向性を見つけ、言語化するサービスを行なっています。

 

また、ポエジーでは、あらゆるミスマッチを抱えている方の問題解決に取り組みます。ミスマッチに悩む方からのご相談をお待ちしています!