ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ブログが書きたくない訳じゃなかったんだ。誰かを意識していたことが筆を止めていたんだ。

何コレ?!流れるように書けちゃう。
ごはん何杯でも食べられちゃうよーって使い古されたフレーズ、
まさにそんな感覚だもの。

ブログが書きたくない訳じゃなかったんだ。
誰かを意識して、誰かに伝えようと、丁寧に書く。
そんな教科書的な書き方が、僕の筆をとめていたのか。

そんな、誰の目も意識しないブログなんて、
なんの役に立つんだ?って、そんなの知らねえぜ。

役に立つとか、立たないとか、
そんなの関係なく、書きたいから書く。
シンプルでいいじゃん。
書かなきゃいけない文章なんて、たった一つだってない!
(言い過ぎ?)

才能心理学講座で、あたまぐちゃぐちゃになって、
懇親会でちょっと酔っぱらって、若干ヘコんで。
帰りの新幹線でパソコン開いてみた。

週一のノルマが残ってる。書かなきゃ。
でも、それに抵抗する僕がいる。

書きはじめる。
2〜3行書いて、こうじゃない。

また書きはじめて、2〜3行書いて、・・違う!

自分の心の動きを確かめながら、書くスタイルを調整してみる。

そう、頭の中をそのまま出す。
だ・である調のほうがしっくりくる。
そうだ、テンポよく。
・・詩を書くようにすればいいんだ!

頭の中の世界に自分がワープして、
感じていた疲れがなくなり、頭が冴える。
そう、・・いい感じ。

これが、僕の書く表現のスタイルだ。

 

f:id:poesy:20151018233227j:image