ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「戦わないやつに会心の一撃は出せない。」ドラクエ人生論(@yokichi)に寄せて

世の中のあらゆるミスマッチを、デザインの手法で解消する「ミスマッチ解消デザイナー」ミズノケイスケ(@akanerob)です♪(´ε` ) 

 

f:id:poesy:20160303135449j:plain

 

人生とドラクエは、驚くほど共通点がある。

 

ほんと、そうだなーって、思います。

 

あ、勝手に自分で納得してすみません。

 

もう、5年も前になりますが、こんなブログを書きました。 

 

shunkantoeien.com

 

そしたら、同じようなことを考える人がいるものですね。

 

先日、SNSでこんな記事が流れてきて、関心しちゃいました。

  

愛の日記 @ Drivemode | ドラクエ人生論

 

僕が書いたものよりも、示唆に富んでいて、ドラクエしたことのあるビジネスマンの方なら、グサリグサリくるのではないでしょうか。

 

僕はきました。背筋が伸びる思いです。

 

戦わないやつに会心の一撃は出せない。

 

はい。

 

打席に立つのが大前提。たぶん、逃げまわっているだけでも人生はしのげるけど、それでいいのか。

 

仕事を頼まれたら、お城の王様に用事を頼まれたと思え。そのプロジェクトの成果が、次の冒険を決める。

 

 はい。

 

目の前の仕事を大切にする。つまんないとか思っても、手を抜かない。全力で。見ている人は見ていてくれる。

 

今日、王様のおつかいのために仕事していたとしても、いつか強くなって、でっかい敵を倒すために戦っているという現実を忘れるな。

 

はい。 

 

急にでっかい敵とは戦えない。少しずつ経験をつみ、じりじりと階段を這い上がっていくのだ。 

 

***

 

さて、そんな僕が最近痛烈に感じていることを、「ドラクエ人生論」に習ってひとつ付け加えさせてもらいますと・・

 

 

攻略本を読んだだけでは、世界を救ったことにならない。

 

 

攻略本を読めば、クリアまでの道のりはわかりますよね。だからといって、クリアしたことにはならない。

 

実際にプレイしてみて、試行錯誤して、挫折も経験して、長い時間をかけて魔王を倒す。それが、本当の意味での「経験値」になり、自分を成長させる糧になるのだなと。

 

自戒を込めて。

 

 

あ、ちなみに「人生ドラクエ化マニュアル」なんていう本があるようですね。(読んではいないのですが)

 

www.amazon.co.jp

 

ドラクエ人生論、ほんとそうですねえ。

 

 ポエジーでは、「ドラクエのような人生を、自分でデザインしていくセッション」を提供しています。