ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

今より強く生きられる!自分が本当にやりたいことは、子ども時代のRPG体験に隠れていたっ!

そうかっ。現実世界のRPG。僕は、そんなゲームを攻略したかったんだ!

 

・・・今まで封印してきた、ゲームに手を付ける。
機運は高まっていた。

 

さて、ある日のFacebookの投稿。

 

ファミコン版FF3のパッケージついつい見つけてしまったのだけど、もうなんというか、見ているだけで小学校時代にワクワクが蘇ってきて体に毒です、こりゃ。最近、ゲームやりたい欲がモクモクと育ってきていて、App StoreでFFやドラクエを検索しては、そんなことをしている時間はないッ!と、グッとこらえる日々です。http://www.cinra.net/news/20160119-amanoyoshitaka

Posted by ミズノ ケイスケ on 2016年1月20日

 

この後、けっきょく我慢できずに、封印を解いてしまった・・。

 

3ではなく、5だけれど。
FF5、「風が止まった」ではじまる。
退廃的でノスタルジックな世界観が、よみがえる。

 

***

 

それからしばらく、嫁さんの目を気にしながらプレイする。
娘と嫁さんが寝静まった後、夜中に。

 

楽しいけど、ちょっと虚しい。
楽しいんだけれど、・・ちょっと虚しい。

 

それでも、今まで自分の中に渦巻いていた欲望を、ひとつ開放した。
それは、大きな進歩となった。

 

 

小さな一歩を胸に、あるオトコと話をしていたら、一つの答えにたどりついた。

 

僕は、「もっとおもしろいRPGがやりたい!」と思ってる人だってこと。

poesy.hatenablog.com

 

僕がずっと探している、「自分が本当にやりたいこと」の大きな手がかりになった。

 

 

小学校の時の思い出。

 

FF3が楽しすぎた。
寝る間も惜しんで、というか、親の目を盗んで午前4時に起きてやっていた。
ワクワクした。
物語が進んで、キャラクターたちが成長して、強い敵と戦って。

 

もっとおもしろいRPGがやりたい!

 

・・でも、ゲームはゲーム。
ワクワクはすぐに終りがくる。

 

新しく出るゲームは、そのグラフィックの良さと引きかえに、ゲームバランスはぬるくなっていく。
刺激を得られるゲームはなくなっていった。


 
そして、僕は、RPGを封印した。
時間だけがいたずらに流れ、得られるものはないもない、と。

***

 

フリーランスってのは、人生という名のRPGをプレイしてるってことか。
そんなことを突然思った。

 

もっと刺激なRPGは、現実世界にあるのではないか!?

 

そんなことを考えていたら、面白いほどつながった。

 

RPGはひとり用のゲームです。
⇒協働がニガテ。放っておくと、ひとりで全部やってしまう。バンドでも、ウェブ制作でも。

RPGはまちの人から断片的な情報を得て謎を解きます。
⇒その人から断片的なエピソードを聞き出して、つなぎ合わせて、一つのコンセプトを生み出す。

RPGは経験値を積むと成長していきます。
⇒勉強会に出ていき、学ぶ。自分が成長して、何かができるようになるとうれしい。

RPGはいたるところに宝箱が置かれています。
⇒役に立ちそうな情報、メソッド、スキルを集めるのが好き。それを身につけるとパワーアップする。

RPGは反射神経を必要としません。
⇒じっくり考えて行動することが好きだし、得意。反射神経が必要な即興の対応はニガテ。

 

僕がやりたいことの要素は、RPGを分解すると見えてくる!
これで、今より強く生きられる!

 

今回の話での気づき。

 

自分的に、それだけはないわ〜!!!
と思うことに答えは隠れている。
は、言い過ぎとしても、必ずヒントはある。


ということで、つまり・・

やりたいことはやった方がいい。やっぱり。
でも、「やりたいこと」と、「やらなきゃならないこと」は区別がつきにくい。
それなら、「やりたいけど、自分で禁止していること」でやるといい。

 

***

 

思い返せば、意識していなかったけど、人生をRPGたとえているブログをいくつか書いていたっけ。

 

shunkantoeien.com

shunkantoeien.com

※念のため補足。ここで言うPRGは、いわゆるドラクエやFF的なPRGのことである。

 

f:id:poesy:20160129005834j:plain

写真引用元:天野喜孝展に100点超、『FF』全シリーズの原画を展示 - ニュース : CINRA.NET