読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ホームページ業者に依頼すると何がいいの??わかりづらいので「魚釣り」で喩えてみるっ

ことばあそび ポエジーのサービス紹介

言葉をつくる人。まだ言葉になっていないものを言葉にする、「ことばデザイナー」ミズノケイスケ(@akanerob)です♪(´ε` )

 

突然ですが、商売をしているあなたは「ホームページをつくって、お客さんを集客しよう!」と思ったとします。そのときの選択肢はふたつ。

 

  1. 自分でつくる
  2. ホームページ制作業者に依頼してつくってもらう

 

ですが、ホームページ制作業者に依頼しようと思っても、ちょっと不安・・・ですよねえ。

 

かたちの見えないものですし、パソコンとかITとかニガテなんですーという人からしたら、専門用語もわからないし、コンサルティングってなにかしら、もしかしたら騙されてるんじゃないかしら? なんて思ってしまうのも無理ないと思います。

 

じゃあ、ホームページ業者に依頼すると何がいいの?

 

わかりづらいので、ホームページ業者にホームページ制作やコンサルティングを依頼することを、「魚釣り」で喩えてみます。

 

 

ホームページ制作業者が行うサービス

 

ホームページ制作業者にはいろいろなサービスがありますが、ここでは以下の4つについて紹介します。

 

  1. ウェブ戦略の提案
  2. ホームページの制作(リニューアル)業務
  3. ウェブ集客のレクチャー(コンサル・教育)
  4. SEO(検索エンジン対策)

 

「ホームページをつくって、お客さんを集客すること」を「魚釣りをして、魚を釣ること」と対比させて考えてみますね。

 

 

1.ウェブ戦略の提案

 

「ウェブ戦略」なんていう言葉がでてきたら、こう考えてください。

 

f:id:poesy:20160211231703j:plain

 

どこに行けば魚が釣れるかを提案してくれる。

 

あなたが「こんな魚が釣りたいんだよねー」と伝えたときに、例えば「ブラックバスならこの池がいいよ」とか、「ワカサギならここだね」といった具合で、釣れる場所を提案してもらえるということです。

 

これは、結構重要なことで、そもそもウェブ戦略が考えられていないと、ぜんぜん狙った魚が釣れないなんてことにもなりかねません。


2.ホームページの制作(リニューアル)業務

 

「制作」や「リニューアル」という言葉がでてきたら、こう考えてください。

 

f:id:poesy:20160211231521j:plain

 

釣り道具をそろえる。または新調する。

 

「制作業務」は、「よい道具をそろえる」ことに相当します。機能がよくなることもありますし、場合によっては見た目だけピッカピカだけど、機能は変わらずなんてこともあります。

 

ホームページ制作というと、一般的にこの状態を指すことが多いようです。制作会社によって、「制作のみ」の場合と、「ウェブ戦略」や後から出てくる「SEO」も含まれる場合があります。どこまでの範囲を受け持ってもらえるかは要確認です。

 

3.ウェブ集客のレクチャー(コンサル・教育)

 

「レクチャー」「コンサル」「教育」、こういった言葉がでてきたら、こう考えてください。

 

f:id:poesy:20160211231726j:plain

 

釣り方を教えてもらえる。

 

例えばブログを使って、Facebookで、Instagramで。集客を成功させるには、ノウハウが必要です。そのノウハウは「上手な釣り方」に相当します。ある程度、釣りの技術を身につけなければ、魚は釣れません。

 

できるだけコストをかけずに集客したい場合は、制作など技術力を要する部分は業者に依頼し、社内でまかなえる「ブログ更新」などは、釣り方を覚えたスタッフにお願いするというのが効率的でしょう。


4.SEO(検索エンジン対策)

 

「SEO(検索エンジン対策)」といった言葉がでてきたら、こう考えてください。

 

f:id:poesy:20160211231625j:plain

 

いつでもよく釣れる場所を教えてくれる。

 

「SEO」は、あるキーワードで検索の上位に表示されることを言うのですが、いつでもよく釣れる湖へのシード権を手に入れるようなものです。

 

ただし、ひとつ重要なこととして、「そのよく釣れる湖に、自分の釣りたい魚がいるかどうか?」 これを間違えると、せっかく釣れても欲しくない魚だらけになってしまいます。

 

つまり、ホームページ制作業者に依頼するということは

 

「ホームページ」「ブログ」「Facebook」「Twitter」「LINE」などなど、業者に依頼せずとも、自力でやれてしまう時代です。しかし、自力でやるということは、「近所の池で我流で釣りをする」といったことに相当します。

 

ホームページ制作業者に依頼するということは、釣りのプロフェッショナルに、釣る場所、釣り道具、釣り方までサポートしてもらえるということになります。(技術とノウハウを持った業者に限られますが)

 

ご自身がウェブを活用して達成したいことと、かけられる予算を考慮して選択されるとよいと思います。

 

ミスマッチには気をつけましょう!

 

これまで見てきたように、ひとくちに「ホームページ制作」「ウェブコンサルティング」と言っても、様々なサービスがあります。自社の目的と、内容が合っていることが重要です。

 

釣り方や釣る場所がわからないのに、ピカピカの釣り道具を手に入れても魚は釣れませし、逆に、腕はあるけど道具が古い場合は、釣り道具をよくすることで、さらなる釣果をあげられるでしょう!

 

くれぐれも、目的に応じた手段を選びたいものです。

 

※なお、ここで使われている言葉(ウェブ戦略、コンサルティング、レクチャーなど)は、各制作会社によって異なる呼び方をされていることもあるので、ご了承ください。

 

 

ポエジーでは、「釣り場の提案」「釣り道具」「釣り方レクチャー」「よく釣れる場所」それぞれのサポートを行なっています。お困りのことがあればご相談ください。

ホームページ・Webサイト制作 - アイデンティティデザイン POESY*ポエジー