ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】体験と感情を哲学しながら、人のアイデンティティと人生をデザインする方法を探求していくこと。

「Zoom飲み会」の建設的な運用方法について考えてみた

コロナの影響で人と会えない、外出できない、そんな状況でも、人と人はつながらずには生きていけません、コミュニケーションをしなければ仕事になりません。

 

そうすると、どこもかしこもZoom Zoomですが、そういえば、マツダのスローガンってZoom-Zoomでしたよね。(おっと)

 

話を戻して、かくいうわたくしも、カレンダーを見ればZoomで打ち合わせ、Zoom飲み会・・と、Zoomによる予定が増えている今日このごろです。

 

Twitter見てたら、「Zoom飲み会」について興味深いツイートが流れてきたんです。

 

 

ああ、なるほど〜、と共感して、すかさずリツイートしたものです。

 

 

「どうせ家にいるんだから、Zoom飲み会参加できるでしょ?」

 

自宅からでも気軽につながれるZoom、便利な反面、「どうせ家にいるんだから、Zoom飲み会参加できるでしょ?」という空気をつくってはいけませんね。Zoomの便利さが、逆に精神的な重荷になってしまう。

 

この現象に、名前をつけるとしたら、Zoomハラスメント・・

 

ズムハラ?

 

かしら・・?

 

 

Zoomは、半分くらいプライベートが交じる

 

ぼく自身は、誘う方も誘われる方も体験してしているのですが、使ってみて思うのが、Zoomのコミュニケーションは、感覚としては半分くらいはプライベートが交じるなと。

 

みなさんどんな環境でZoomするかわかりませんが、ぼくの場合だと、(つながりやすいネット環境のため)リビングから接続するので、普通に嫁さんや娘が、周りをウロウロしているのです。

 

みなさんの場合はどうでしょうかね?

 

自宅からつながれる、服装もリラックス着、コーヒーやお酒をPCの横において、ポテチなんかつまみながら、ときに家族に話しかけられる・・

 

どうしてもプライベートが交じる、それがZoomのメリットでもありデメリットでもある。陰と陽。

 

ならば、メリットである「リラックス感を保ちながらできるコミュニケーション」という点を伸ばしてあげたいじゃないですか。

 

だから、相手のプライベートを尊重してあげたい。

 

 

「え、このZoom飲み会、いつ終わるんだろう・・・」

 

性格や人間関係にもよりますが、人によっては「いつ終わるんだろう・・」と、言い出せない人もいるのではないでしょうか。調和を大事にする、奥ゆかしい方です。

 

そんな人のために、終わりの時間を明言しておくのも、ひとつ重要な点でしょう。気軽でまったりしやすいが故に、終わりの時間がズルズルしやすいのも事実。

 

Zoomの無料プランだと、40分で「しゅうりょ〜〜〜〜!」と強制終了されますが(これ、ほんとに容赦なくぶちっといきますね)、これはこれでよい区切りの合図になるように思います。

 

1クール40分として、「今日は1クールね」と決めておいたり、「もう1件行っとく?」と2次会にいくノリで「あと1クール行っとく?」みたいな運用方法がよいでしょうか。

 

 

 

Zoom Zoomはいつまで続くか

 

つまり、コロナの影響はいつまで続くか?ということになりますが、まさに、神のみぞ・・という領域です。数ヶ月でおさまりそうな見通しは立たないのではないでしょうか。

 

現地でがんばる医療機関の方々に敬意を払いつつ、ぼくらにできることは、不要不急の外出をさけること、人と接触をしないこと。であれば、Zoomでのコミュニケーションもしばらくは続くことでしょう。

 

これだけ多くの人が、Zoomを使ってコミュニケーションするというのははじめてのこと、この便利なコミュニケーションツールを建設的で、より良いものにするために、みなで考えていきたいものです。

 

ズムハラ、アカン!