ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

矛盾を希望に変える。

ミズノケイスケのアイデンティティコンセプト
矛盾を希望に変える。

 

ぼくは自分がわからなかった。
だから、自分が知りたかった。

 

ぼくは自分を探した。
自分をいっぱい掘ってみた。

 

自分に付いているフタを全部開けてみて、おもて裏ひっくり返して、四方八方からながめてみたり、嗅いだり、舐めたりしてみた。

 

そうしたら、わかった。
ぼくは、どうしようもなく矛盾を抱えた存在なんだと。

 

相反する、ふたりの自分が同居する人間なんだと。

 

みんなは、愛のことや幸せのことがわかっていて、当たり前のようにしゃべってる。

 

でも、ぼくは、愛や幸せがなんなのか、まだよくわかんない。
みんなが言う、ふつうの愛や、ふつうの幸せがわからない。

 

仕方がないよね。
矛盾を抱えることを選んで生まれてきてしまったのだから。

 

でも、それは別に不幸なことでもなんでもないってわかった。

 

ぼくは、運がいいことに・・

 

そう、夢見がちな理想主義者だった!
だから、矛盾を希望に変えられる。

 

葛藤や悩み多き人生は、それだけ多くの気づきがあるのだから。

 

矛盾は、才能。
ならば、その才能で、自分にしかできないことをやろう。
矛盾という才能を、トコトン活かしきってやろう。

 

矛盾を受け入れて、矛盾のままに生きる。
矛盾を希望に変えて、この矛盾だらけの世界を生きる!

 

 

アイデンティティコンセプトの刷新 

 

もう、何度か目になるコンセプト刷新です。

 

ここ数日、「矛盾」というキーワードからババっとつながって、生まれた言葉。

 

矛盾を希望に変える。

 

 

うん。わりといいじゃない〜?

 

 

わたくし、アイデンティティコンセプトという考え方を提唱しておりまして、簡単にいえば、「人生で最も大切にしたい言葉」でしょうか。

 

で、これって、

 

その人の、そのタイミング、いま抱えている課題、

 

によって変わってくるな、というのがいまの実感です。

 

「人生で・・」なんて言ってますが、人は変化していく生き物なので、「今の自分にとって」のほうが適切でしょうか。

 

 

 

ぼく自身、自分のコンセプトをつくりはじめてから、何度か変わっていきました。

 

遍歴を追ってみると、こんな感じで。

 

2015年5月:本当のことが知りたい。
2016年1月:思考を動かす。
2016年3月:ミスマッチを解消する。
2016年8月:やりたいことをやる。
2017年11月:矛盾を希望に変える。

 

どれも、自分の中にはあって、間違っちゃあいないけれど、

 

「いま、どれが一番大切か?」

 

と言われると、いまは「矛盾〜」となる。

 

 

「次のステップに進むためのコンセプト」こう考えてもいいかもしれませんね。

 

 

 

ということで、自分のアイデンティティコンセプトが知りたい人、ミズノまでご相談ください。

 

あ、あと、「矛盾を抱えている人」も、ミズノのところに来ると、希望に変わる、かもw

 

 

 

この人みたいになりたい

ついでに、もうひとつ書いておこう。

 

 

「この人みたいになりたい」、理想像、が、これまた、先日見えたのです。

 

ぼくの場合は、自由騎士パーンという人です。

 

f:id:poesy:20171112001308j:plain

 

これ、世代によっては、知っている人いるんじゃないかと思うんですが・・


「ロードス島戦記」っていうファンタジー小説の主人公なんですけどね。

 

 

信念の人ですね。

 

口数は少ないけど、まっすぐで、静かに動く。

 

王にならないか?と言われても、権力とか地位じゃなくて、自分の信じた道を行く。

 

それが、みんなが言う成功の道じゃなくても。

 

 

パーンが、矛盾を抱えていただろうか?

 

・・・ま、でも、そうかも。

 

 

 

うん、理想の人。