ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

キラキラプリキュアアラモードの変身シーンはものすごく深いぞ。人生のヒントが隠されている!

どうも、ゆるいニーチェ「ゆるニーチェ」ことミズノケイスケです(、`)ノ

 

娘が4さいなんです。

 

 

も・ちん!

 

 

見てますよ。

 

 

プリキュア?

 

そう、魔法つかいプリキュアの途中から参戦して、今は、キラキラプリキュアアラモードですよね。

 

 

f:id:poesy:20170608000537j:plain

 

 

レッツ・ラ・まぜまぜ♪

 

 

娘といっしょになって、おどりますよ。

 

あ、ぼく、わりとダンシングするの好きなんです。

 

 

 

このキラキラプリキュアアラモード、子ども向けのアニメだって、バカにできないんですよ。深いんです。

 

 

心理学&哲学系デザイナーは(あ、ぼくのことです)、キラキラプリキュアアラモードの変身シーンを観察していたら、すごい発見をしたんです。

 

 

人生をより良く生きるヒントが隠されていたんです!

 

 

どういうことかといいますと・・

 

まずは、キュアホイップの変身シーンを見てみましょう。

 

f:id:poesy:20170608001123p:plain

 

うさみいちかちゃんですね。

 

主役でセンターである彼女、変身シーンの合言葉は、「元気」と「笑顔」をレッツ・ラ・まぜまぜ♪

 

 

これが、何を意味しているかというと、「元気は笑顔がなければ輝けない」という真理を表しているのだと、心理学&哲学系デザイナーは(あ、ぼくのことですよ)汲み取ったわけです。

 

つまり、「元気」が取り柄という人は、人生に「笑顔」をプラスすることで輝きはじめます。逆に、ただ元気なだけでは、ただのうるさい人になってしまいますね。

 

ほら、カフェのチェーン店で、「先にぃ、席の確保をぉ、お願いしまぁーす!」ってデカイ声で言う定員さんいるじゃないですか?声が大きいのはいいんですけど、笑顔がなければ、ただの感じ悪い人ですもんね。

 

 

次。

 

キュアカスタードの変身シーンです。

 

f:id:poesy:20170608001846p:plain

 

ありすがわひまりちゃん。

 

彼女は、わたくし的に、ひじょーに共感してしまうキャラクターです。

 

彼女は、「知性」と「勇気」をレッツ・ラ・まぜまぜ♪します。

 

 

ハイ!そこ!そうなんです!

 

知性というのは、勇気をもたなければ役に立たないのです、残念ながら。(これは、身をもって実感している!)

 

つまり、知性というのは、頭の中だけで完結してしまいがちで、「これって、こうすれば、もっといいのに、もう!みんなバカなんだから〜」などと思っても、それを口にださなければ意味がありません。勇気をふりしぼって行動すること。

 

はい、数年前の自分に言ってやりたいものです。

 

 

次。

 

キュアジェラート。彼女はロックシンガーです。

 

f:id:poesy:20170608002424p:plain

 

たてがみあおいちゃんです。

 

やはりロック出身なだけあって、彼女は「自由」と「情熱」をレッツ・ラ・まぜまぜ♪します。

 

「自由」、とても聞こえのいい言葉です。自由な生き方を求めることが、ロックな生き方であると言ってもいいでしょう。ただ、「自由」の中に「情熱」がともなわなければ、ただのフラフラしている人になり下がってしまいます。

 

はい、自由を求める人は、同時に「情熱をかたむけられる何か」を見つけましょう。こちらも、ああ、数年前の自分には、耳が痛いです。

 

 

次。

 

キュアマカロン。

 

彼女は、美貌がウリです。ウチの娘のお気に入りナンバーワンでもあります。

 

f:id:poesy:20170608002922p:plain

 

ことづめゆかりさんですね。

 

(ここから後のふたりは、年齢があがるので「さん」付けです)

 

 

美しいゆかりさんは、やはり「美しさ」と「ときめき」をレッツ・ラ・まぜまぜ♪します。

 

もともと美しさを持って生まれてくる女性がいます。それは、後から望んでも手に入れることのできない、類まれなる才能です。

 

しかし、何かに「ときめき」を感じていない無機質な「美しさ」など、美しさと呼べるでしょうか。美しさに精気が宿り、輝くのは、心がときめいているから。

 

美しさをもって生まれてきた好運な方、ぜひとも「ときめき」を探しましょう。

 

 

ラスツ。

 

キュアショコラ。

 

ボーイッシュだけれども、めんどうみよく、妹思いな彼女。

 

f:id:poesy:20170608003508j:plain

 

けんじょうあきらさんです。

 

彼女は、「強さ」と「愛」をレッツ・ラ・まぜまぜ♪します。

 

 

これはわかりやすいでしょうか。愛のない強さなど、暴力でしかありません。ジャイアンを見てください、レギュラーでは自分のためだけに力を使いのび太を苦しめます。しかし、長編では、力を合わせて守るべきもののために闘っているじゃあありませんか!

 

強さを持って生まれてきた人は、守るべき相手、つまり愛する人を見つけること。これが、そのあり余る力を暴走させない唯一の方法でしょう。

 

 

 

さて、まとめますと、

 

「元気」が取り柄の人は「笑顔」になろう!
「知性」を大事にしている人は「勇気」を持とう!
「自由」を求める人は「情熱」を見つけよう!
「美しさ」を持って生まれてきた人は「ときめき」を見つけよう!
「強さ」を持っている人は「愛」する人を探そう!

 

ということになりましょうか。

 

 

ま、これが本当なのかは、ぼく自身もわかりませんが(笑)

 

こんな視点で、子ども向けのアニメを見ているヤツがいるということはおわかりいただけたでしょうか。ワタクシ、わりと、普通とは違った視点を持っていると自負しています。

 

 

ちなみに、それを示すかのように、手相は、二重感情線、知能線は生命線をまたいで、第一火星丘からはじまっています。

 

 

手相読みミズケイでした(、`)ノ ←えっ?!