ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ウチのアンバサダーがお金を使う才能ありすぎてヤバイw

どうも、感情と体験を哲学する男ミズノケイスケです(、`)ノ

 

昨日は、おかざき哲学カフェと称して「お金の謎」について、みんなでワイワイしました。

 

f:id:poesy:20170519232853j:plain

 

そんな中、一つ話題にあがったのが「お金を稼ぐ器」の話。

 

これ、どういうことかというと、

 

  • 人それぞれ、お金が入ってくる器を持っていて、そのサイズ分だけのお金が入ってくるようになっている。
  • その器のサイズ=「お金が稼げるか」は、「いかにお金を使えるか」に比例する
  • 器のサイズを大きくしたければ、本当に必要なお金の使いみちを見出す必要がある

 

というもの。

 

そんな話をしたら、参加した皆さん、へー、なるほど、そうかもねーなんていう具合でして。

 

これが、ホントかウソかは、まあいいとして、ぼく自身は、この考え方をわりと信じているわけです。

 

 

そんなぼくに、朗報です。

 

ラッキーボーイなんです、ぼく。

 

 

実は、ウチのアンバサダーのお金を使う才能は、半端ない(笑)

 

 

ウチのアンバサダー、小さいころから、洋服の好きなおばあちゃんに育てられ、小学生にしてブランド品を着るというヤなやつだったそうです(本人談)

 

そんなものだから、大人になっても洋服大好き。服の値段は見ずに買うんだそうで。

 

 

ぼく:「一回の買い物で、いくらくらい使ったことあるのー?」

 

と聞いたら、

 

アンバサダー:「うーん、・・・40万近くかな」

 

よ、よんじゅうまん!?

 

アンバサダー:「だいたい、立ち上がりのときには、30万以上買ってたしなー」

 

 

 

ははーm(._.)m

 

 

この恐るべき、アンバサダーのポテンシャル。お金を使う才能を、眠れる獅子のごとく、うちに秘めているのです。(もちろん、今のミズノ家の家計では、そんな買い物はさせてやれないですよっ!)

 

 

そして、さらにさらに、アンバサダーの血を見事に引いたわが娘ちゃんも、これまたお洋服大好きで、その才能の片鱗をすでにみせはじめているのでした(恐)

 

 

さて、そんなわたくしが取り組むべきミッションは、嫁さんの眠れる獅子を徐々に目を覚まさせるのと同時に、それに耐えうるだけの収益を上げるビジネスを行う、と。

 

 

うん。

 

 

やれる。

 

 

キミなら、やれるよ。

 

 

 

【今日のポイント】

「お金が稼げるか」は、「お金を使えるか」に比例する。

世界(自分を含めて)を幸せにするお金の使いみちを知っている人のところに、お金はやってくる。

 

(^^)v