読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「本当の自分」を表現したウェブページでアイデンティティの一致を実現する

f:id:poesy:20170215225127j:plain

 

我々はどこから来たのか
我々は何者か
我々はどこへ行くのか

 


ポール・ゴーギャンの言葉です。

 

 

わたしは、どこから来たのか、何者か、どこへ行くのか?

 

 

そんなことが気になって仕方がないぼくは、最近こんなことを考えます。

 

 

アイデンティティの一致

 

a.本当の自分 と、b.自分が思う自分 と、c.他人が思う自分 が一致していると、流れるように生きられる。

 

たとえば、a.本当の自分 と、b.自分が思う自分 がずれていると「自分はこんなはずじゃないのに・・」という、理想と現実の葛藤が生まれる。

 

また、b.自分が思う自分 と、c.他人が思う自分 がずれていると「なんであの人はわたしに・・」という、コミュニケーションの摩擦が起きる。

 

 

つまりぼくは、自分が本当の自分を知って(a=b)、その本当の自分を、他人にも知ってもらえたら(b=c)人生をより良く生きられる(a=b=c)のだと思っています。

 

 

アイデンティティの表現

 

でも、目が前についており、自分を見ることのできない人間は、自分のことを知るのはむずかしく、親や学校から教育の中で、本当の自分を勘違いしている人は、本当の自分を表現するどころではない。

 

そんな問題意識から生まれたのが、本当の自分を一枚のウェブページに表現する「パーソナル・アイデンティティページ」です。

 

 

長年自分を掘り進めたぼくは、でてきた素材を使って、ウェブページをつくりました。ひらたく言えば、「かなり深くて詳しいプロフィールページ」ではありますが。

 

f:id:poesy:20170215225614p:plain

 

ミズノケイスケのパーソナル・アイデンティティページ

 

がんばってつくりました、ご覧ください(^^)v