読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「すごい人のすごい流儀」で語られる、「自分を単語で表現する」を実践してみた!

自分を知ることで幸せになれるのか?(実験)
右脳と左脳をつなぎ、目に見えないものをデザインするマインド系デザイナーのミズノケイスケ(@akanerob)です♪(´ε` )
 

f:id:poesy:20160405212253j:plain

 

突然ですが、「すごい人」になりたいですか? 僕は、できれば、「すごい人」になりたいなーと思っています。 

 

「すごい人」なんて、漠然とした言葉なので言い換えてみれば、僕は、自分のなりたい姿になるために、まだまだ自分を押し上げる必要があると感じています。

 

だから、今よりもっと「すごく」なりたい!

 

「すごい人のすごい流儀」 という本を読みました。

 

ダルビッシュ有、本田圭佑、そうそうたるスターのプロモーションに関わった伊藤正二郎さんが語る「すごい人」になる方法が書かれた本です。

 

すごい人のすごい流儀【要約】

 

すごい人になるには、3つのCが重要である。その3つのCとは、

  1. コンセプト Concept
  2. 一貫性 Consistency
  3. 継続 Continuity

である。

 

1.コンセプト Concept

自分を「単語」で表現する。文章や「とても」といった副詞ではなく、「美」「理想」「尊敬」などの単語、しかも名詞で表現する。

 

2.一貫性 Consistency

コンセプトを外見・主張・行動に反映し、「一貫性」を持たせる。

 

なぜなら、

人が人から認知され、評価される要素は「外見」「主張」「行動」の3つしかない。

から。

 

3.継続 Continuity

そして、一貫性を「継続」する。ずっと続けることで、「すごい人」に近づいていける。

 

以上、超要訳でした。

 

こちらの記事も、参考にどうぞ。

gunosy.com

 

過去に、こんな記事も書きました。

poesy.hatenablog.com

 

「自分を単語で表現する」の例

 

「すごい人のすごい流儀」の本文中に紹介されていた、「自分を単語で表現する」の例です。

 

ダルビッシュ有⇒世界・技術・緻密・努力


清水宏保⇒逆境・挑戦・探求


本田圭佑⇒本物・強さ・世界一・最高品質

 

3人が持つイメージと、単語のイメージが一致していることがわかるかと思います。

 

ダルビッシュ有の一貫性

 

ダルビッシュ選手をもう少し掘り下げます。ダルビッシュ選手は「努力」という単語がコンセプトになっています。

 

その「努力」を一貫性をもって実践しているからこそ、こういったことばに説得力が生まれるのでしょう。

 

「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ」

「土、日の休みが消え。夏休みが消え。冬休みが消え。友達が遊んでる時に練習してた。だから今がある」

 

伊藤さんは、こう語ります。

 

普段の外見、主張、そして行動に一貫性があり、生き方にブレがない。そして長いこと継続している。だからこそ、存在、発言、そして振る舞いを通じ、彼の価値が光り輝いてくるのです。

 

「自分を単語で表現する」を実践

さて、「すごい人」になりたい僕は、早速「自分を単語で表現する」を実践してみました。

 

ここ数年、自分探し・自分掘りを進めている僕にとってはお手のものです。

 

結果、30ほどの単語が出てきて(ちょっと多いでしょうか汗)、こういったかたちのシートにまとめてみました。

 

f:id:poesy:20160405212133p:plain

 

我ながら、自分をよく表しているのだと思います♪(´ε` )

 

ぜひ、やってみてくださいー!

 

PS.「自分を単語で表現する」ワークショップを、近日開催予定です!

 

「すごい人のすごい流儀」Amazonで購入はこちらから。

www.amazon.co.jp