読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

眠たくなる本は読まなくてもいいの法則〜読書から自分を知る方法

自分を知ることで幸せになれるのか?(実験)

世の中のミスマッチを、デザインの手法を用いて解消する「ミスマッチ解消デザイナー」ミズノケイスケ(@akanerob)です♪(´ε` ) 

  

f:id:poesy:20160301005048j:plain

 

長いこと自分探し・自分掘りをしてきました。
「自分を知る」ということについては、人よりかは無駄に時間をかけているという自負(?)があります。

 

いえいえ!無駄だなんて!
自分を知ることは、より良く生きること。

 

自分を知ることって、遠回りに見えて、案外幸せへの近道なんだと思います。

 

あ、ゴホン。(本だけにw)

 

前置きはそうそうに、本題に入ります。(本だけにww)

 

眠たくなる本は読まなくてもいいの法則

 

こんな経験、誰しもがあるのではないでしょうか。

 

買ったはいいけど、読みはじめるとすぐにねむーくなる。まるで催眠術をかけられたかのような、睡眠導入剤的読書

 

かく言う僕も、過去には、そんな本と闘いながら、目をこすりながら、読み進めたものです。

 

でもこれって後から振り返ってみると、頭に入っておらず、役に立ってないことがほとんどじゃん!ってことに気づくんです。

 

 

僕の場合、技術系の専門書がダメでした。どうにも眠くなってしまって‥‥。

 

で、どんどん読み進められるのは、自己啓発・自分探し系、これでした。まあ、特に、その当時は自分探しまっさかりでしたので(笑)

 

そこから学んだこと。

 

眠たくなる本は読まなくてもいいの法則

 

です。

 

夢中になれる本だけを読む。それが、今の自分に必要な本だから。

 

脱睡眠導入剤的読書です。

 

読書から自分を知る方法

 

ということで、もうおわかりかと思いますが、読書から自分を知る方法とは?

 

自分が夢中になれる本は、自分のことを教えてくれる。

 

ですね!

 

たまった本が積読(つんどく)になっている方も多いかと思いますが、その中から一番ピンとくる本を選び読み進めてみる。眠くなるようなら読むのをやめる。

 

熱中できる本があれば、それがあなたのやりたいこと、今必要としていること。

 

ですね!

 

ちなみに、今の僕の場合は

 

ここのところコピーライターさんが書いた本が面白くって、いくつか読んでます。

 

「言葉をつくる」ということが、今の自分にとって大切なことだと気づいたからだと思います。

 

たとえば、最近読んだ2冊。

 

f:id:poesy:20160301003806j:plain

amazon.co.jp

 

f:id:poesy:20160301003828j:plain

amazon.co.jp

 

どちらも「言葉」を使う仕事をしている人にとって、おすすめの本です。(ま、しかし、「言葉」を使わない仕事のほうが珍しいか。ま、だから、知的生産と言いますか、広告とか、デザインとか、クリエイティブとか、コンサルティングとか、そういった方にはとってもオススメです!)

 

どんどん読める本は、いま必要な本!

 

ということで、読書を通じて自分を知り、自分に必要な本から養分を得て、自分を育てていきましょう。

 

ポエジーでは、読書からではなく、対話の中から自分を知るセッションを提供しています。