ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「自分の居場所はここじゃない、自分を変えたい」と願っていた過去の自分へのラブレターw

日曜日の夕方に憂鬱になるキミへ、今日はキミに手紙を書こうと思います。

 

余計なお世話? まあまあ、そう言わずに。

 

次の質問に「Yes」なら、この先を読んでみてくださいね。

 

 

 

 

『今の自分を変えたいですか?』

 

 

 

・・・

 

 

そう、キミは自分を変えたいと思っている。

 

 

かく言う僕も、キミと同じタイプの人間です。僕も、ずっと自分を変えたいと思って生きてきました。

 

というのも、僕は、自分のことが嫌いでした。そうですね、たぶん、中学生くらいの頃からでしょうか。

 

人とまともに会話ができない自分
やりたいことが何もない自分
兄の背中ばかり追っていた自分
怠けてるクセに口だけの自分
つい他人と比べてしまう自分
自分にウソをついて本音を隠す自分
理想ばかりで努力しない自分
このままじゃ何者にもなれない自分

 

それは、20年くらい続いていて・・

 

 

だから、僕はずっと変わりたかったんですね。

 

「自分の居場所はここじゃない、自分を変えたい」

 

自分がイヤで、変えたくて、もがいていました。

 

 

 

当時、出口は見えませんでした。でも、僕は、ながーいトンネルの中で、少しでも光のある方を目指して歩きました。

 

原動力はなんだっていいんです。自分がイヤだ、変わりたい。それはツライ感情かもしれないけど、行動するエネルギーにはなるでしょう?

 

少しでも、光が射したと思ったら、追いかけてみるといい。決してムダにはならないから。

 

 

不思議なもので、歩き続けていたら、いつの間にか僕はトンネルを抜けていました。

 

ちょっとだけ先回りして教えておくと、トンネルを抜けてもそこには理想郷はなくってね。まだまだ険しい道は続いている。あと、不安だって、完全にはなくならないしね。

 

まあ、それも含めて「僕はこれでいいんだ」って、そんなふうに思えるようになりました。

 

 

 

だから、キミもだいじょうぶです。

 

変わりたいと思っていれば、いつかは変われる。自分の居場所を探し続ければ、いつかは見つかる。そう思います。

 

 

その時に、一つだけアドバイスさせてください。

 

決して、自分を偽らないこと。

 

自分にウソをついているうちは、自分の居場所は見つかりません。自分を変えることはできません。

 

 

自分の気持ちに正直になろうとすると、周りの目が気になるかもしれませんね。

 

自分はおかしいんじゃないかとか、こんなことをいったら何を言われるんだろうとか、そんなことを思うかもしれません。

 

でも、だいじょうぶ。キミはそれでいいんです。

 

 

自分を信じてみるっていう勇気を、ちょこっと振り絞ってみてください。

 

口笛吹きながらいきましょう♪

 

ぐっどらっく〜

 

 

***

 

ポエジーでは、「自分の居場所はここじゃない、自分を変えたい」という方へ、自分を知り変えていくお手伝いをしています。

 

f:id:poesy:20160224233418j:plain