ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

正直になった分だけ、自分へのウソを減らした分だけ、人は幸せになれるんだと思う。

自分が「言葉の人」だ、と意識したのが昨年末くらいで。
まだ、本当にそうなのかはわかりませんが、まずは感触を確かめるために、山をのぼってみることにしました。

 

poesy.hatenablog.com

 

それ以来、「言葉」に対するアンテナが敏感になりました。
とりわけ、著名なコピーライターさんが書いた本なんかをよく選んで読んでいますが、自分に合うなーと、しっくり来ています。

 

会社をやめて独立してからは、それまで休憩時間の日課だった「ほぼ日」の購読が、おざなりになっていましたが、ここに来て、再度足繁く読むようになりました。

 

そして、昨日(2016/02/03)の「今日のダーリン」に、オワっとのけぞったのでした。自分が感じていること、大事にしていることとピタッと一致していて、とりわけ琴線に触れました。

 

全文を引用します。

 

・よく「じぶんにうそはつけない」と言われる。
 こどものころは、その意味がまったくわからなかった。
 そもそもじぶんのことなんだから、
 「じゃ、そういうことで‥‥」と、ごまかせば、
 じぶんは許してくれるじゃないか、と思っていた。
 
 「じぶんのいちばんの敵は、じぶんだ」というのも、
 そんなことはないだろうと思っていた。
 戦いというのは、じぶんとだれか他人がやるものだから、
 じぶんは敵じゃないだろうと、思っていた。
 「じぶんに負けるな」という励ましの意味も、
 もちろんわからなかった。

 じぶんが、じぶんにうそをつこうとする。
 じぶんのついたうそを、じぶんが許そうとする。 
 じぶんがじぶんを誘惑する。
 じぶんがじぶんをだめにする。
 
 そういう弱さがあるからこそ、人間なのだとは思う。
 でもね、そういう弱さは、もっとじぶんを苦しめる。
 なんとか、新しい試合をはじめられるのに、
 なにかをうらんだり、なにかを責めているうちに、
 光の射す方向に顔が向かなくなっていく。
 
 「生き直す」ときの、じぶんの歩みのたよりなさだとか、
 人びとの嘲りだとかばかりが気になって、
 過去に向ってこぶしをふりあげたり叫んだりする。
 そこまで含めて人間なのだということは、知っている。
 
 こんなことを言っても、ただのことばだ。
 ただの説教だから、聞こえないときには耳に入らない。
 ぼく自身も、若いときには、まったく聞く気もなかった。
 心がこもってようが、親身であろうが、
 ことばはことばでしかない。
 
 「そういえば、どこかのだれかが、
 じぶんにうそはつけないとか言ってたよな」と、
 唱歌のように憶えてもらえればいいと思って、
 こんなことばを書いているのだろうか。
 ことばは、まことにことばでしかないのだけれど。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
そうだ。鏡のなかには、たいていの答えが詰まっている。

 


僕なりに、3つのポイントをピックアップして紹介したい。


1.じぶんにうそはつけない

 

僕の課題、まだまだ自分の中での闘いです。長年ウソをついてきた僕が、どれだけ正直になれるか。正直になった分だけ、自分へのウソを減らした分だけ、人は幸せになれるんじゃないかと思っています。


2.ことばはことばでしかない

 

イトイさんは、その書いた言葉で、どれだけの人とお金を動かしてきたのでしょう。想像におよびませんが、そのイトイさんをして、「ことばはことばでしかない」と言わしめるのか!言葉の力も、言葉の無力さも、どちらも抱えながら、言葉をつくっていきたいと思うのです。


3.鏡のなかには、たいていの答えが詰まっている

 

イトイさんが、どんな意図でこれを書いたか、推測にはなりますが、自分を見ることで答えにたどり着けると、そう解釈しました。迷ったり、方向性を見失ったとき、外に探しに出るのではなく、自分の足元を見る。自分探しならぬ、自分掘りが、この一文に含まれているのではないでしょうか。

 

 

 

オマケにもひとつ、その日の山田ズーニーさんのエッセイもこれまたキュン!

 

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

 

読んで、Facebookにこんなことを書きました。 

嘘は人を動かさない。
もひとつ、ほぼ日で飛び込んできた山田ズーニーさんの言葉。
僕の言葉で言えば、「本音を話すことでしか、人は前に進めない」。
みんなが知りたいのは「本当のところ、どうなんだろう?」で、ドキッとさせられたのがこの言葉。
「自分の正直は、すでに伝わっている」。
そうなんだ、周りはちゃんと自分を見てくれている。

 

 

本音、ウソ、正直。
自分に向き合うことでしか、見つけることはできないのだと思います。

f:id:poesy:20160204013658j:image