読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ライナスのように安心布団を手放せない人は、自分を言葉で理解すると安心と自信が手に入るかも。

ポエジーのサービス紹介 言葉と概念についての覚書 自分を知ることで幸せになれるのか?(実験)

「安心毛布」を生み出した、小さな哲学者。
—ライナス

 

f:id:poesy:20160202210236g:plain


言葉をつくる人。まだ言葉になっていないものを言葉にする、「ことばデザイナー」ミズノケイスケ(@akanerob)です♪(´ε` )

 

昨日書いたブログで、
「ことばデザイナー」を名乗ることにした、
ということをお伝えしました。

poesy.hatenablog.com

 

いわゆる、

 

肩書き

 

ってやつですね。

自分が何をする人なのかを、ちゃんと言葉で定義しておく。
他人から見てもわかりやすいし、自分のセルフイメージとしても、
「僕はこれをやる人間なんだ!」
と芯が一本通る効果があります。

 

特に、職業の種類が多様化している今の時代、
「肩書き」の持つ影響力は大きいのかもしれませんね。

 

以前、「肩書きの作成」を担当させていただいた方に、
「インパクトのある肩書きを探してみてくださいね」
と、宿題を出させてもらいました。

 

面白いものをいくつも探していただいたので、
少し紹介してみます。

 

  • 離職ストップコンサルタント
  • 福社長
  • グレコローマンスタイリスト
  • SMプレイングマネージャー
  • 元CA行政書士
  • ゲーム整体院
  • 感情サポートスペシャリスト

 

いづれも、オイっ!と突っ込みたくなりそうな、
また、「なにそれ?詳しく聞かせて!」
なんて言われそうな、インパクトのある肩書きが並んでいます。

 

一番上の「離職ストップコンサルタント」の方は、
企業向けのコンサルタントをされていたようですが、
肩書きを変えて、講演依頼が倍増したそうです。

 

肩書き、なかなか侮れないなと、思います。

 

まあ、人によっては「肩書きよりも、何をしたかが大事じゃい!」
という意見もあろうかと思います。
僕みたいな人間は、いちいち言葉にしておくことが好きなようです。

 

周りに対してのアピールもそうですが、
言葉にしておくことで、自分の中での安心感が得られるんでしょうね。

 

ってなことを考えていたら、スヌーピーに出てくる男の子を思い出しました。
いつも布団を抱えている男の子。

 

名前はライナス。
チャーリー・ブラウンの友達で、ルーシーの妹。

 

これが、ネットで調べてみるとビックリ。
なにこれ、僕のこと!?

【どんな性格?】
知性的だけど、夢みがち。
【好きなことは?】
ハロウィーンの準備をすること。哲学的な話。オスマー先生。
【苦手なことは?】
サリーに話しかけられること。

お気に入りの毛布を手放さないあのポーズで、世の中に「安心毛布(セキュリティ・ブランケット)」という言葉を広めた偉大なライナス。彼はピーナッツタウンきっての知性派で、哲学的な話でみんなを煙にまくのが得意です。

 

引用元:ピーナッツの仲間たち|SNOOPY.co.jp :スヌーピー公式サイト

 

いやはや、知性派なのかはおいといて、
夢見がちなところと、哲学的なところと、布団を手放せないところw

 

自分が何をする人間なのか?ということを、言葉=肩書きにする。

 

言葉にすると安心できるっていうのは、
ライナスの安心布団と同じなんだ、っていうのが今日の発見です。

 

言葉になっていないと、ふわふわして自信が出ない方は、
しっくりくる肩書きをつくってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、ポエジーでは「肩書きづくり」のサポートを行なっています。(宣伝でした)
コーポレート・アイデンティティデザイン - アイデンティティデザイン POESY*ポエジー愛知県豊田市