読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

日曜日の夕方に憂鬱になるキミへ 自分が嫌いか?自分を変えたいか?・・心配しなくて大丈夫だ

日曜日の夕方、

どんな気分だい?
憂鬱だろう。

 

自分が嫌いか?
自分を変えたいか?

 

だいじょうぶ、
自分のせいじゃない。
キミが悪いんじゃない。
居場所が悪いからだ。

 

明日から、またイヤな仕事に行かなければならない。
そう思っているか?

 

だいじょうぶだ。
楽になる方法は、必ずどこかにあるんだ。

 

なんでそんな気持ちになるんだろう、と
考えたことはあるか?

 

キミのその憂鬱な気持ちを消すには、
その気持が、どこから来ているかを突き止めなければならない。

 

自分自身でちゃんと理解しなければ、
その原因をなくすことはできないんだ。

 

その時、大切なことが一つある。

 

自分の心をちゃんと感じられる力をもっていないと、
憂鬱を消す方法は、永遠にわからない。

 

まずは、正しく感じられる心だ。
それは、ブルース・リーがすでに教えてくれている。

 

Don't Think, Feel.
考えるな、感じるんだ!

 

だ。

 

頭は、ウソをつきやすい。
感じたこと、心は、ウソをつけない。
心の声を聴くんだ。

 

そして、もう一つ、その感じたことを、
取り出す方法を学ばなければならない。

 

じぶんの感じた感情を取り出し、
自分自身で理解する。

 

自分の考えたことを、外部に出す必要があるということだ。

 

やり方の一つは、書くことだ。
紙に書いてもいい、パソコンやスマホに打ち込んでもいい。

 

自分の考えたことは、外に出ることではじめて、
自分自身で理解できるようになる。

 

もうひとつは、誰かに話すことだ。

 

いま、憂鬱な気持ちを抱えているキミは、
自分の本心を打ち明けられる友人や家族はいるか?

 

もしいるのなら、話してみるといい。

 

ただし、絶対にウソをつくな。
ウソは、ものごとを絡ませるだけだ。
本音だけが、前にコマを進める力を持っている。

 

もし居なければ、それはすごく悲しいことだけれど、
大丈夫だ。

 

気の合いそうな人がいたら、
少しでも、この人なら話してもいいな、と思える人がいたら、
勇気を出して、本音を話してみるといい。

 

もしかしたら、いつか、
とても強い信頼関係で結ばれる、友人関係になるかもしれない。

 

幸運を祈る。

 

絶対に、大丈夫だ
その憂鬱は、いつか、なくなる。

 

その手に持った、一本のナイフで、
憂鬱を切り裂き、明日を、つかむのだ。

 


日曜日の夕方に憂鬱になるキミ
5年前のボクへ

 

f:id:poesy:20160131184255j:image