ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

糸井重里さんの名コピー「ほしいものが、ほしいわ 」ならぬ、「やりたいことが、やりたいわ」見つけた人は幸せだ。

1988年、僕はまだ9歳。
まだロシアがソビエト連邦の時代、ソニーが、VHSのビデオレコーダーに参入した時代。
“あの”ドラゴンクエスト3が発売されたのが、この年とのこと。
思い出すだけでワクワク、「そして伝説へ・・・」である。

 

さて、
この年に、糸井重里さんが書いた、西武百貨店の名コピー。

 

「ほしいものが、ほしいわ。 」

 

f:id:poesy:20160128015707p:plain

 

ほしいものはいつでも
あるんだけれどない
ほしいものはいつでも
ないんだけれどある
ほんとうにほしいものがあると
それだけでうれしい
それだけはほしいとおもう
ほしいものが、ほしいわ。

 

引用元:名言・格言『糸井重里さんのコピー』一覧リスト | iso.labo

 

***

 

これ、
文章そのままに
「ほしいもの」を「やりたいこと」
「ほしい」を「やりたい」
に置換してみる。
(文字通り、Cmd + Fで置換したっ)

 

やりたいことはいつでも
あるんだけれどない
やりたいことはいつでも
ないんだけれどある
ほんとうにやりたいことがあると
それだけでうれしい
それだけはやりたいとおもう
やりたいことが、やりたいわ。

 

そう!そうなのですよっ!
と、膝を打って、大声を出したくなる。

 

ほんとうにほしいものがあると
それだけでうれしい

ほんとうにやりたいことがあると
それだけでうれしい

 

今の時代、

自分が本当に何がほしいのか?
自分が本当に何がやりたいのか?

 

見えにくくなっているのかも知れない。

 

「ほんとうにほしいもの」
「ほんとうにやりたいこと」

 

を見つけた人の人生は、それだけで、少し輝き増すよね。

 

え、僕ですか・・・?

 

まー、あとちょっと先です。