読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「半信半疑」できるはずなんだけど、まだできない。

僕が知った真理(仮説)について 成長日記

自転車にまだ乗れない時って、
自分が自転車に乗れることに対して、

 

半信半疑

 

だ。

 

 

乗れるようになるかも知れないけれど、
まだ、できないから半信半疑。

 

びゅんびゅん乗り回してる友達に、

 

乗れるさ!

 

と言われたって、
自分は、まだ、乗れないんだから半信半疑。

 

たぶん乗れるんだろうなー

 

とは思うんだけれど。

 

***

 

頭ではわかっていても、
知識としては知っていても、
自分ではまだできていないから、

 

半信半疑

 

って思うんだろう。

 

自転車に乗れる人からしたら、
信じられないんだろうけれど。

 

 

自転車に乗れるようになって、
自分自身で自転車のスピードと風を実感して、
はじめて、

 

僕は自転車に乗れるんだ!

 

と確信する。

 

だって、間違いなく乗っているんだものね。

 

 

***

 

 

頭ではわかっていても、
知識としては知っていても、
まだできないことに対しては、半信半疑だ。

 

確信するには、できるようになるしかない。

 

じゃあ、自転車に乗れるようになるには、
どうしたらいい?

 

 

1.
まずは、自転車が必要だ。
目の前に自転車があって、乗ろうとチャレンジすること。

これを「機会」と呼ぼう。

 

2.
次に、乗り方を教えてくれる人がいたほうがいい。
すでに乗れる人で、教えてくれる人。

これを「方法」と呼ぼう。

 

3.
忘れてはいけない、そもそも、

自転車に乗りたい!

という気持ちがなければ、何もはじまらない。

これを「動機」と呼ぼう。

 

***

 

まとめよう。

 

何かできないことが、できるようになるには、

 

動機:できるようになりたいと、強く願うこと
方法:すでにデキる人から、正しいやり方を学ぶこと
機会:できるようになるまで、何度もチャレンジすること

 

これだ!!!

 

 

自転車に乗れるようになってしまえば、
乗れなかった時のことを忘れてしまうだろう。

 

なんで乗れなかったのかが不思議

 

ってくらいに。

 

poesy.hatenablog.com


f:id:poesy:20160118160900j:image