ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

枠の中で守られていた会社員時代、枠が取り払われたフリーランス。

例えばの話ですけれど。

物理的な現実の空間以外に、自分の精神としての世界があったとして。

まあ、まあ。いいじゃないですか、例えばの話です。

目を閉じて、例えば自分が生きている精神の世界を想像してみたとします。

 

僕の場合、会社に勤めていた昨年の4月までは、会社という「枠」に守られていたように思います。

自分を一つの点でイメージしたならば、その周りに四角い枠が描かれている状態です。

その枠は、時にはわずらわしいものであり、でも、時には、自分を守ってくれるありがたい存在でした。

会社を辞めたことによって、その枠は見事に取っ払われ、自由な反面、風雨から守ってくれるものは存在しなくなりました。

 

枠のない世界は、サバイバル。

 

夏頃にはエネルギー切れの危機に直面しました。

それでも、なんとか持ちこたえ、寒くなり、冬が来て、年を越して、そして今日。

 

また、新たなる壁が現れました。

 

枠のない世界では、危険に隣り合わせであり、でも、その危険は可能性でもある。

一見は危険に見える道を選ぶこと、それも自分の責任であり、自分の選択。

その道にチャレンジし、乗り越えた時、僕には今までに見たことのない景色を見ているんじゃないかと、そんな希望を持っています。

 

枠のある世界では考えられない、危険と隣り合わせのチャンス。

今日、お会いしていた友人たちに背中を押されて、飛び込んで見ようと思っています。

 

枠のない世界のことは、枠から出てみなかったら気づきもしなかった。


f:id:poesy:20160105015446j:image