読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

文章を書く【自分自身を表現する】ことの本質とは?

僕が知った真理(仮説)について ポエジー代表ポエム 言葉と概念についての覚書

36歳の誕生日の寒い日に強行で東京まで出かけて行き、そこからさらに電車に揺られて1時間、神奈川県の二宮で行われたイベントに参加しました。

 

poesy.hatenablog.com

 

あれから1周間、その時に感じたことの多くは、もう風の中に消えてしまったけれど、それでもたまに思い出す言葉があります。

 

その消えていったたくさんの言葉の中で、残った少しのものが地肉になるのだなと、改めて実感している今日このごろです。

 

言葉は風に消えていく

今日のこの言葉も
すべて風に吹かれて
消えていく

すべて吹かれて
飛ばされて
残ったものが
僕をかたちづくる

今日という日も
風に飛ばされていく

僕たちはさあ
何を残すことが
できるだろう

 

poesy.hatenablog.com

 

僕は、イベントの中で、坂爪圭吾さんに一つの質問をしました。

 

日々自分自身をブログに綴っていく、自分自身を言葉という形で表現していくなかで、どんな手応えを得られているか?

 

未熟で稚拙な質問は、その場ではうまく伝わることはなかったのですが、ぎこちないやり取りの中でも、僕の中に残っている言葉。風に吹かれて消えていなかった言葉があります。

 

坂爪圭吾さん曰く、

 

腹の底にあるものがうまく出せた時に嬉しい。

 

自分を表現すること、言葉にするということは、そこに他人の目を一切感じずに、自分の腹の底にある思いや考えを、スッと出すこと。それができた時、理想的な自己表現の本質が叶うのではないか、そんなことを思いました。

 

f:id:poesy:20151228155338j:image