読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

「本当のことが話せない」のは「自分に力が足りない」からなのかも。

ロックとぼく 成長日記 僕はこう思う!

ホントウのことを話しましょう。

なんてことを大っぴらに掲げてから、おとついで5ヶ月。
つまり、独立してから5ヶ月が経ったわけだけど、
実際、本当のことが話せているかと言ったら・・

まだ、5割くらいじゃないか?

というのが自己評価。
はー、キビシイキビシイ。

 

なぜ本当のことが話せないのか?

さっき掃除機をかけながら、
モクモクと考えをめぐらせていて気づいたのは、

「自分に力が足りない」

から。
なんだろうなー。

 

力って言っても漠然としているのだけど、
わかりやすいところでは経済力とか。

「これを言ったらこの仕事なくなるかも」

なんて思って、言葉を飲み込んでしまう。

 

あとは批判に合うんじゃないかとか、
悪意を向けられることに対する恐れ。
精神的な弱さだったり。

相手を傷つけてしまうんじゃないか、
人間関係を壊してしまうんじゃないか、
という、守りに入ってしまう弱さだったり。

 

とは言っても、じりじりと本音を出せるようになるための、
ギプス的な役割は果たしてくれているとは思うのだけど。

 

僕の中には、違った2人の自分がいるそうだけれど、

ガツンと言ってぶち壊したい自分
vs
やさしく寄り添ってあげたい自分

は、いつも自分の中で闘っている。

 

本当のことってのは、
見たくないもの、知りたくないこと、
触りたくないこと、触られたくないこと、
腹をえぐられるようなもの、
何かに穴をあけるもの、
やっぱり、破壊の属性を持っているんだと思う。

その破壊が、結果、新しい森を生むのだとしたら、
破壊の先にあるのは、優しさなのかも知れない。

 

だから、自分を振り絞って伝えなきゃって思うけど、
今、ぬるい空気に浸かってしまっている僕は、
やさしさという仮面を脱ぎ捨てられないでいるのだ、はあ。

 

そう、MOROHAは、
お祭り気分でフェスを楽しんでいる連中に、
一点の曇りもなく、
本当のことをぶちかましていたのだ。

 

f:id:poesy:20151026235127j:image