ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

これが天職?天職とはこういうことなのかい?コンセプトデザインの話。

言ってみれば自分探し系の僕は、独立を決意する前の数年間、自分が本当にやりたいことはなんなのか?自分の能力が最大限発揮できることはなんなのか?他人より上手にできてより感謝されることはなんなのか?と探し続けていました。

まとめてひとつの言葉にしてしまえば「天職を探していた」となるでしょうか。

と、ここで念のため辞書をあたっておきます。

てんしょく【天職】
天から授かったつとめ。
神聖な職務。
自分の生まれつきの性質に合った職業。引用元:Google

わかるようなわからないような、非常にフワンとした答えが返ってきたので、僕なりの「天職観」みたいなものを書いてみようと思います。

先日、ある出来事の中で、これが自分の天職なんじゃないかしら?と感じたことがあり、こんな文章を書きました。

***

コンセプトデザイン
自分の天職が見つかったかもしれない話。

今日のオカビズ、5件目の相談で、いつものようにヘロヘロになりながら、相談者さんの話に耳を傾けていました。

お話の中から、重要なポイントを拾い上げ、言葉に落とす。
相手の脳を刺激する角度から質問を投げかけ、出てきた言葉を取り出して、表す。
散りばめられたバラバラの言葉を組み立て、力強く、意味のある言葉を紡いでいく。

神経が研ぎ澄まされて、ときおり鳥肌が立つ。
言葉のキャッチボール。自然と溢れ出す言葉。そして、機能美の創造。
その時間が楽しくって、充実感があった。
大袈裟に言えば奇跡みたいな時間。

さて、これをぼくは天職と呼んでみた。
勘違いじゃなければいいのだけれど。

***

以上を元に、もしこれが天職だったとしたら、天職の特徴とはこうなるでしょうか。

  • それをやっている時間に充実感、楽しさがある。時間を忘れる。
  • 神経が研ぎ澄まされて、自分の能力を100%発揮している感覚がある。
  • 触れる相手に感動を生む、強いポジティブな影響を与える。

さらに、一生続けても苦になることはなく、深め続けることができる。他人より上手にでき、感謝され評価される。このあたりは、今後続けていかなければわからないのだけれど。

そして、今僕が感じているのは、天職は自分をより深く知りることによって、意図的にデザインすることができるのではないか?という可能性です。自身を持ってして検証していきたい所存です。

f:id:poesy:20150630003801j:plain