読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

ビジネスにおける詩をコンセプトと呼ぶ。

大抵のひとにとっては、いちばん身近にある「詩」とは、歌の「歌詞」ではないかと思うんです。 そして、少なからずなにかしらの歌を聴いて、メロディーにのせられた歌詞がすうっと心のなかに入ってきて、感動した経験があるのではないでしょうか。

楽しくなる、陽気になる、うれしくなる。切なくなる、悲しくなる、共感して落涙する。

歌詞は、細かく分解すれば無機的な言葉の羅列でつくられます。その言葉がつながることにより、ある一定の意味を持ち、それが僕らの内面を刺激して、心を動かします。

詩は、言葉であり、その人にとって重要な意味を呼び起こし、心を動かすもの。

いつもそうなるのではなく、過去の体験、今の状況に反応するため、響く場合・響かない場合、同じ言葉を聞いても響く人・響かない人がいます。

これが、僕の詩に対する理解です。

ビジネスにおける詩をコンセプトと呼ぶ

ある日、そんな着想を得てこんな文章を書きました。

今日はオカビスの研修の一環で、中小企業支援のトップランナー、小出宗昭さんの相談風景を見学させてもらった。
その光景は圧巻で、わずかな時間の中で、相談者さんの課題を汲みとり、納得感のある方向性を示していた。
小出さんは、ある意味「詩人」だとも言える。
相談者さんが悩みを語り、これに対し小出さんが一遍の詩を語ると、相談者さんの心にあかりが灯り、前に進む勇気をもらう。
言葉であること、大きな力を持つこと、触れる人に勇気を与えること。これが僕の「詩」と「コンセプト」に対する理解です。

僕の中で「詩」と「コンセプト」がつながりました。どちらも、僕が大切にしているもので、今後、将来にわたって追求していきたいテーマです。

f:id:poesy:20150630003040j:plain