ポエジー*ミズノケイスケの「IDD=アイディーしてる?」

【IDD=アイデンティティデザイン】その人らしさ、個性を何かしらの意図をもって表現しているさま。

成長日記

どうせ自分なんて、こんなもんだ。この考えはよくない。

どうせ自分なんて、こんなもんだ。 この考えはよくない。たぶん、何ひとついいことはない。と思う。 可能性を信じよう、なんていうとウソ臭く聞こえてしまうけれど・・。 ある人に「カヤックの柳澤さんに雰囲気が似てるよね」なんて言われたことがあって。そ…

娘ができたことで、知らず知らずのうちに、僕の感性に変化が起きている

「詩とファンタジー」という雑誌があるんだそうで。 こないだの東京旅行で、たまたま神保町の子ども向けの本屋に入って、たまたま見つけた本。 あ、これは僕のための本だと思って、そのままレジに持ってった。 思えば、娘がいなければその本屋に入ることはな…

なぜ?と問うことができなければ、何も変えることはできないじゃないか。

なぜ?と問うことができなければ、何も変えることができない。 果たして、本当にそうなのかはわからないけれど、そんなことをふと思った。 単に、僕が「なぜ?」好きで、「なぜ?」の威力を、大きく見せたいたいだけなのかも知れないと思いつつ、そのことに…

娘からするとパパちゃんはそこに「いる」だけでいい。子どもは愛をわかっているの?

さてさて、またしても、パパちゃんの戯言日記。 ここのところキミは、「パパちゃんパパちゃん」と僕のことを慕ってくれ、「パパちゃん一緒に遊ぼう」とよく誘ってくれる。 「いいよ、何して遊ぼうか?」なんて言って遊びがはじまって、おままごとで作ったご…

一緒に悩んでくれる人。

一体あれは、なんだったのか。この時間は。 さきほどスカイプでのカウンセリングを終えた。「1〜1.5時間くらいですよ〜」なんてアナウンスをしていた割に、3時間弱。 わからなかった。雲をつかむような感じで。 はじまる前からビビっていたんだろう。なんで…

すでに自分の道を見つけた人からすると、僕は周回遅れだけど、レースから逃げている人よりは、少しはマシかも。

相も変わらず、毎日、自分の道がどうだとか、そんなことを書いている。 思えば会社員時代からだ。 実際、仕事をしながらも、 自分のやりたいことがわからない・・僕は、ほんとうな何がしたいんだろう? なんてことを書くから、そんなことを書くもんじゃない…

他人が思うように動いてくれない。それはあなたの力不足が原因

ふと気がつけば、僕はこんな仕事をよくやっている。 『こういう風にするとね、いいんですよ』 非常に抽象的な表現の仕方だけれど、気づけばいつも、「こういう風にするとね、うまくいくんですよ」と言っている。 オカビズでは、ウェブを活用した集客方法。こ…

メッセンジャー。哲学者であり、詩人であり、デザイナーであり、アーティストであり、カウンセラーであり、探求者であり、教育者であり、夢追い人であり、旅人である。

もはや誰のために、何のために書いているのかわからないのだけれど、今日もここに書く。そういえば、自分のブログを「成長日記」だと定義していたことがあった。成長の過程をここに記す。たまたまここを訪れた数人の人が、「へえ、こんな人がいたのか」と思…

自分で自分がわからない人って、たぶん自分のことが嫌いなんだろう。

自分のことって、こんなにも自分でわからないなんて。と、昨日書いた。 poesy.hatenablog.com いや、待てよ。と。 (僕からすると)びっくり自分のことがわかっている人もいて。自分の苦手なことはやらない、自分の好きなことをする。等身大で生きている人っ…

自分のことは、自分が一番知ってるって嘘だ!

才能心理学名古屋支部(謎)的飲み会の帰り、だだだっと書き付ける。 *** 自分のことって、こんなにも自分でわからないなんて。 と言っても、それにも条件があって、自分で自分を感じることのできるセンサーが、正しく動いてる人はOK。感情を無視して、頭…

僕は何がしたいんだろの歌

僕は何をしてるんだろはあっとため息一つ (※)あーあエンセイカンエンセイカン♪ また人が嫌いになってきたってことは本当は人を嫌いになりたいって思ってるってこと なんでそうなんですか? 人を嫌っていいことあるのひとりでいたいから自分を守りたいから…

それでも書かなきゃいけない日の歌

なんかいろいろ疲れてコテンパン自分よりおっきなものを見て世界の大きさを拡張していくのだ 自分では自分の大きさを測れないから誰かと比較して自分の大きさを知る あれ?比べなくていいんじゃないのオンリーワンでいいって言ったじゃないそんなこともわか…

MOROHAの「恩学」に嫉妬していた昔の僕。

MOROHAの話題、昨日1回休んで3回目。トヨロックでの生MOROHAはけっこう衝撃だった。 嫁さんにどうだった?って聞かれて、「説教かと思った」がまず一言。 「フェスって楽しむものじゃん。でも、 聞きたくないことだって言うよ」って。そう、耳が痛かったんだ…

「個性×創造×影響力=充実感」自分で生み出したもので、誰かに影響を与える。

自分がわかったと言って、会社辞めて独立して、あれー、やっぱり違ったかもなんて言って、才能心理学を学びながら、また迷路にハマり、自分の中に違う自分がいるから仕方ないんだって、少々納得できてきたこの頃。 抽象的ではあるのだけど、自分のコンセプト…

「本当のことが話せない」のは「自分に力が足りない」からなのかも。

ホントウのことを話しましょう。 なんてことを大っぴらに掲げてから、おとついで5ヶ月。つまり、独立してから5ヶ月が経ったわけだけど、実際、本当のことが話せているかと言ったら・・ まだ、5割くらいじゃないか? というのが自己評価。はー、キビシイキビ…

恥ずかしいという感情をめっけた。

恥ずかしい、という感情ってなんだろう。 自分の過去発掘作業で見つけた感情。恥ずかしい。 たぶん、小さい頃から恥ずかしさには敏感で、思春期、中学1年の2学期に恥ずかしさのビッグバン。そこから、恥ずかしすぎて、人と普通に話せない時期がはじまる。あ…

弱虫たちのヒーローになる?

弱虫たちのヒーローになる?やりたいよ、なりたいですよ。 本当のことが知りたい?知りたいよ、知りたいです、けど・・。 弱虫のヒーローになるほうが、なんだかずっとしっくりくる。 自分の弱さを晒して、ひとに勇気を与えるって。 トム・ヨークのCreepだっ…

ヒーローになるには?

ふと無意識的に、「ヒーローになるには?」とGoogle検索しようとしている自分に気づく。 自分でも笑っちゃうんだけど、たぶんそれが僕なんだろうなー。 思えば、ヒーローって言葉には多少敏感だと思う。好きな映画はピンポン。「ヒーロー見参!」ね。 ミスチ…

ここはアート=自己表現としてのブログ。だから自分らしい表現の場所にしよう。

アート=自己表現としてのブログなら、まず、です・ます調ではないだろう。だ・である調だろう。 なぜこのブログ、です・ます調ではじめてしまったのか。・・まあいいか。 自己表現の場であるならば、だ・である調だ。○○です。○○ます。と書く度に、誰かがチラ…

ブログが書きたくない訳じゃなかったんだ。誰かを意識していたことが筆を止めていたんだ。

何コレ?!流れるように書けちゃう。ごはん何杯でも食べられちゃうよーって使い古されたフレーズ、まさにそんな感覚だもの。 ブログが書きたくない訳じゃなかったんだ。誰かを意識して、誰かに伝えようと、丁寧に書く。そんな教科書的な書き方が、僕の筆をと…

本当に僕がしたいこと。僕にしか書けない僕らしい文章で、誰かに勇気を与えられたら。

僕は、本当は何がしたいんだろうか?散々自分自身にしてきた問い。こないだ占いで言われた。まだ迷っていたいんだって。 そんな状態で参加している才能心理学講座。自分と向き合って、他の参加者に話して、フィードバックをもらう。自分を丸裸にして、重要な…

「悩み」を独り占めしちゃいけない。自分だけが辛いんじゃないんだ。

10万円には10万円の悩みが 100万円には100万円の悩みが 1億円には1億円の悩みがある。 昨日はオカビズで会議があって、その後、稲波のおじさんがちょっと疲れた顔で言ってました。僕は、ほんとそうだよなーって思いました。 20年前。高校生の僕は、対人関係…

食品添加物の本当の話を知って、僕のコンセプト「本当のことが知りたい」の業の深さを知った話

今日は、食と健康に関する講演会に行ってきました。3部構成で10:30〜16:30丸一日コースでガッツリ!(といいつつ、着いたのはお昼前でしたが。。) イベント概要:その食、大丈夫⁈ ガンにならな い食 / 子どもに安全な食を! 2015年10月4日 - こくちーずプロ…

誰かのため?自分のため?自分の魂がやりたいことを、今すぐにやる練習をしました。

今日は、ここのところ仲良くさせていただいている方のカウンセリングをさせてもらっていました。課題は、心のモヤモヤ。わたしは本当にこれがやりたいのか?何か違うんじゃないのか?という葛藤でした。 自分が本当にやりたいと思った理想を、見えるかたちに…

2歳の娘にどう思われるか気になっちゃったパパ。人の言うことは気にするな。

早いもので、娘もこないだで2歳4ヶ月になって、だんだんおしゃべりが達者になってきました。いつもは、思いついたこと目にしたものを反射的に言葉にしている感じなのですが、面白いもので、たまにドキッとすることを言ったりもします。昨晩のことです。 「パ…

自分の欠点を受け入れ、好きになり、誇れるくらいになると生きづらさがなくなるのかも。

ひょんなことから縁をいただきまして、ゆるーいインターネットラジオ「YouGoラジヲ」第39回のゲストとして参加させてもらいました。それが、先週の木曜日のことで、その後すぐに配信アーカイブということで、当日の音声がアップされていたので、聞いてみまし…

常に半年前の自分が恥ずかしいと思えるくらい、いつも成長していたいもの。

変わってる、より変わってく。 なんてキャッチコピーを、自分につけていたことがあります。つけて「いた」と表現するのは、若干ブームが去って、いまは「ほんとうのこと」がアツいので。まあ、やっぱり大事な言葉です。 根っこに流れる思いとしては、いつも…

アートとデザインの境界線。何かを生み出す人はどちらかの選択を迫られるの?

アートとデザインの間には、明確な境界線があって、どちらかを選ばなければならないと思っていた。何かを生み出す仕事には、アート派とデザイン派があって、みなどちらかに所属していて、それぞれの目指す方向性は逆のベクトルであると思っていた。 高校生の…

僕は、アートがしたいのか?デザインがしたいのか?才能心理学ファシリテーター養成講座セルフイメージワークにて。

『その人だけの 本音と本質を 追求する』 2015年9月4日(金)〜5日(土) 才能心理学ファシリテーター養成講座 にて まだ、まとまっていませんが、鉄は熱いうちに打て的に(?)、ホヤホヤの感覚をここに書き残しておきます。以下、僕が心からやりたいことを文章…

父が亡くなり、通夜、葬儀を終えて、東京に向かう夜行バスで書いたこと。

あっという間だった。深夜、病院に駆けつけて、黄色く、冷たくなった父を見てから、この数日。人は死んでから、こんな手順で、こんな作法で、あっという間に骨になってしまうんだということ。 気持ちは、やっぱり、そんなには・・動かない。感謝しなきゃ、こ…